未分類

7月定例会のお知らせ

◆7月定例会

 

◉日時 7月21日(土) 13:30〜16:00

*定例会終了後に、おらって事務所にて懇談会を開催します。

◉会場 定例会:クロスパルにいがた4F 402講座室  (新潟市中央区礎町通3-2086)

懇談会:おらって事務所 (新潟市中央区東中通2番町―288-2 マンション司101)

◉おらってアカデミー  テーマ:『写真家から見た新潟水俣病』

講 師:フォトアーティスト 小原王明さん

内 容:スライドによる作品紹介とトーク

レジュメ:    180721協議会定例会

 

映画『おだやかな革命』5/5~新潟・市民映画館シネ・ウィンド上映開始!

おらって協議会にて先行上演したドキュメンタリー映画『おだやかな革命』が、新潟・市民映画館シネ・ウインドさんで、5月5日(土)から5月18日(土)まで上映されます。
「おらって」と同様、地域の資源を活かして地域を再生する、全国各地の「市民エネルギー」の取組みが紹介されています。
これからの未来をつくってゆくために、「本当の豊かさ」について一緒に考えるきっかけになれば幸いです。
ぜひご覧ください!!

===========================================

■日時 2018年5月5日(土)〜5月18日(金)
■会場 シネ・ウインド
新潟・市民映画館 シネ・ウインド(1985年12月7日開館/1スクリーン/94席)
〒950-0909 新潟市中央区八千代2-1-1 万代シテイ第2駐車場ビル1F
TEL:025-243-5530

 

◉ドキュメンタリー映画『おだやかな革命』予告動画(2分間)
◉ドキュメンタリー『おだやかな革命』
 在来作物の栽培・生産を通した地域再生を描いたドキュメンタリー映画
 『よみがえりのレシピ』を撮った渡辺智史監督の新作。
 日本各地の自然エネルギーによる地域再生を追う。
 ▼[作品解説]

2018年度定例会開催日のお知らせ

おらって協議会では、会員の交流と情報交換の場として
月に一回の「定例会」を開いております。

自然エネルギーや地球温暖化防止、新潟の風土や歴史、地域活性化、ライフスタイルなど
誰もが楽しく学べる勉強会(アカデミー)を設けております。

会員でなくても、誰もが自由に参加できます。
お茶を飲みながらゆったりした雰囲気です。
ふらっとお気軽にお立ち寄りください。

◆2018年度定例会会場 
クロスパルにいがた(新潟市生涯学習センター)
 *所在地:新潟県新潟市中央区礎町通3ノ町2086
 
◆開催時間
13:30~16:00
*終了時間は月によって若干異なります(最大17:00迄)。
◆開催日
【 2018年 】
  4月14日(土)
  5月19日(土)*村上市内の会場にて開催予定
  6月16日(土)*定時総会
  7月21日(土)
  8月18日(土)
  9月22日(土)
 10月13日(土)
 11月17日(土)
 12月15日(土)

【 2019年 】
  1月19日(土)
  2月16日(土)
  3月16日(土)

「7年目の3月11日を迎えて」佐々木代表理事からのメッセージ

おらってにいがた市民エネルギー協議会は、「3.11」の経験をふまえ、「新しい社会」の実現を目指して結成されました。

日本の歴史は、「第一の敗戦」を境に、「1945年前」と「1945年後」で区別することができます。1945年には広島と長崎で原子爆弾が炸裂しました。同様に、日本との歴史は、まさに「第二の敗戦」である、「3.11前」と「3.11後」でも区分することができます。言うまでもなく「3.11」では、福島の原子力発電所が爆発しました。

「第一の敗戦」で、私たちは新しい平和主義の論理で国をつくることを決意しました。また同様に、人災でもあり、「文明災」でもあった「3.11」も、今後私たちがこれまでとは異なる新しい「文明」のかたちを模索しなければならないことを求めています。

自然エネルギーによる、地域分散ネットワーク型社会の実現。おらっては、この大きな歴史的課題に休まず取り組みます。そしてそれこそが「3.11」に真に誠実に応答し、次世代に責任を持つことだと考えます。

私たちは、福島を忘れない。そして、これからも引き続き共に希望を語り、それを次の世代のために少しずつ実現していきたいと思います。

 

2018年3月11日 佐々木寛

インターンを受け入れました!

昨年のこととなってしまいましたが、「おらって」として初めてのインターンを

受け入れました。

「おらって」を立ち上げ当初からサポートして頂いている認定NPO法人環境エネルギー

政策研究所のインターン生でもある上智大学4年の大塚しおりさんが、一週間新潟に

滞在しおらっての仕事を手伝って頂きました。大塚さんより体験記を書いて頂きました

ので掲載いたします!

(大塚さん、掲載が大変遅くなりごめんなさい。。)

 

「おらって」でのインターンやボランティアに興味のある学生の方はぜひ事務局(info@oratte.org)

までお問い合わせください!

 

********** ********** **********

 

おらってでインターンしました。

おらってインターン第1号

上智大学経済学部経営学科4年 大塚しおり

 

  • おらってに来たきっかけ

来年の就職活動を考えるにあたって、地方のためにかつ社会問題に関わる仕事がしたいと考え、再生可能エネルギー×地方創生に興味をもちました。しかし、もともと文系の学部に所属している私は再生可能エネルギーとはどういうものなのか、どう扱うのか、またどのような人たちが関わっているのかが想像もつきませんでした。想像つかないのであれば、実際に行って現場を体験してみようと思い、ISEPの紹介でおらってを教えていただき、7日間お世話になることになりました。

 

  • 業務内容とそこから学んだこと

7日間で関わらせていただいた業務は、新事業に向けた打ち合わせや運営委員会ミーティングに参加、イベントの準備と当日スタッフです。またそれらの中で役員さんや会員さんとの交流、第1期太陽光発電の見学もさせていただきました。

その中で印象に残っていることは、おらってに携わっている様々な分野の人が熱意をもって事業に取り組んでいることです。今回のインターンの中で毎日違う場所で違う人とそれぞれの契約や事業の話を聞き、事業の緊迫感や新しい取り組みへの期待や不安が見えた気がしました。その中でおらっての役員の方ももちろんですが、地元の施工業者の方、市役所の方、地元の農家の方、地元の企業の方、地元の市民の方がおらっての理念に共感して協力している姿を見て、目先の利益ではなく、長期的な理想のために働きかけている姿がおらっての強みだなと感じました。また、おらっての皆さんはとてもエネルギッシュで、それゆえにワクワクするような事業が立ち上がっていて、とても興味深かったです。もちろん苦労している部分もたくさんあることも知ることができましたが、それ以上に新しい取り組みを進んで行っている姿がとても印象的でした。

今回の経験を通して、再生可能エネルギー×地方創生について現場を知ることで、他の課題や疑問も考えられたので、とても勉強になりましたし、もっと勉強していきたいと思いました。事業の成長期に携われ、貴重な経験になりましたので、今後も微力ながらお手伝いできたら嬉しいです。今後の飛躍を心より祈っております。

 

【ソーラーシェアリングについて農家さんとの打ち合わせ風景】

【おらっての発電所を視察する大塚さん】